ニキビ肌 洗顔料

ニキビ肌の洗顔料は肌質によって選ぶことが大切!

ニキビによる肌荒れがなかなか治らないという人は、もしかしたら自分の肌質と洗顔料が合っていないのかもしれません。

 

洗顔は肌の汚れを落とすために毎日欠かせないものですが、顔をこすることにもなるので、それだけ肌には負担がかかります。

 

洗顔するのは皮脂を落とす目的があるのですが、洗浄力が弱くてもダメですし、逆に強すぎればニキビを悪化してしまう原因になってしまいます。

 

ニキビができている状態の肌は敏感な状態になっていますから、洗顔料選びは慎重に行う必要があります。

 

またニキビ肌であってもベースの肌質はそれぞれですから、それに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

顔中にニキビができているような場合

 

ニキビによる炎症がひどくなっている時に選ぶべきなのは、洗浄力が強く、それでいて界面活性剤など肌に刺激のないものです。

 

市販でよく見るような安価なものには界面活性剤が入っていることが多く、肌へのダメージが大きくなってしまいます。

 

天然成分のみで作られた無添加の洗顔フォームや洗顔せっけんで、アミノ酸を配合したものをお勧めします。

 

もちろん刺激を感じるかどうかには個人差が大きいですから、使用し始めて肌に違和感があった場合は直ちに使用をやめ、より低刺激のものを試してみましょう。

 

また、洗顔を行うときは、しっかり泡立てを行わなければ肌にダメージが掛かってしまいます。こんもり両手に乗るくらいの泡を作って洗うようにしましょう。

 

 

ニキビはあるけれど乾燥肌という場合

 

肌にいくつかニキビが目立つけれど、全体的には乾燥しやすいという人は、天然成分で作られたものの中でもより低刺激なものを選ぶようにしてください。

 

乾燥しやすい人はもともと皮脂不足です。皮脂はよくないものとして考えられがちですが、全く皮脂がなくなってしまえば、それも肌荒れの原因になります。

 

可能であれば、同時に保水効果があるものを選ぶようにし、洗顔後の保湿も欠かさないようにしましょう。

 

 

ニキビはあるけれど敏感肌という場合

 

敏感肌は肌の状態が安定していないことを指します。

 

ちょっとした刺激で肌が乾燥してしまったりするので、まずは生活環境を改善するなどして、肌の状態を安定させることも必要です。

 

洗顔をする際にも低刺激なものを選ぶ必要がありますが、特に固形石鹸は刺激が低く、肌に優しいのでおすすめです。

 

固形石鹸は慣れないと泡立てるのに時間がかかりますが、泡立てネットを使用するなどしてしっかりと泡を立てる習慣をつけておきましょう。