ニキビ肌 ファンデーション

ニキビ肌を悪化させないファンデーションの選び方は?

ニキビが悪化してもメイクをしないわけにもいきません。

 

でも、肌が荒れている状態であれば、できるだけ負担がないようにしたいですし、特に肌に直接塗るベースメークは気を遣いたいところです。

 

肌への負担を極力かけないニキビ肌でもOKなファンデーションはどんなものがあるでしょうか。

 

 

一番負担が少ないテクスチャーは?

 

ファンデーションのテクスチャーはいろいろなものがあります。

 

ニキビを隠したいという人はカバー力の強いリキッドタイプを使っているかもしれませんが、リキッドタイプはカバー力はあるものの、どうしてもその分肌への負担が大きくなってしまいます。

 

肌への負担を最小限に抑えることを考えると、ルースタイプがおすすめです。

 

ルースタイプは、パウダータイプと比べても油分が少なく、界面活性剤が使われていないものも多いです。

 

その中でもミネラルで作られているものは特に負担が少なく、またメイク落としが石鹸でできるというメリットもあります。

 

 

コンシーラーで隠すのはNG?

 

ルースタイプは肌に負担がかからない分、カバー力がとても弱く、ニキビを隠したい人にとってはそこが難点かもしれません。

 

コンシーラーを使えば、ある程度隠すことができますが、コンシーラーもあまり肌には良くありません。

 

特に赤ニキビのような腫れている状態の場合、そこからさらに雑菌が入って肌荒れの原因にもなります。

 

どうにかして隠したい気持ちはわかりますが、肌の状態が良くなるまでは少し我慢しましょう。

 

ニキビによってくすんで見える肌をトーンアップさせるベースカラーなども負担になります。基本的にはルースタイプのファンデだけを使うようにしましょう。

 

 

ファンデーションの塗り方にもポイントがあった

 

テクスチャーによって肌にどれだけ負担がかかるかは変わってきますが、実はそれだけではなく、間違った塗り方をすればニキビが悪化して肌荒れをひどくしてしまう可能性があります。

 

ファンデーションを塗る時、スポンジやパフを使用している人もいるでしょうが、おすすめなのは専用のブラシです。垂直にすると毛が肌を刺激して痛みを感じることがありますから、ブラシは横に倒して使用しましょう。

 

ブラシの毛ができるだけソフトなものを選ぶのもおすすめです。

 

ブラシを使えば、肌への負担が抑えられるだけでなく、厚塗りにならずにムラなく塗ることができます。

 

ニキビ肌が改善してからも使えますから、一本持っておくことをおすすめします。